メニュー

「前髪 命?」のあなたへ

[2022.09.01]
眼科に来られる患者さんの前髪が気になります。
若い方、いや小児もふくめて、前髪が顔の半分を覆い、下半分はマスクで隠すスタイルがとても多いのです。(コロナ禍でマスクはしたまま受診いただいています)
 
前髪で目が覆われていますと、視覚障害の原因になる可能性がある事を知ってほしいのです。特に小学生の年齢では、視力が不安定になりやすい時期です。
髪の毛で視界が制限されると、斜視、弱視となる危険性があります。
まさか、気に入った髪型で目が悪くなるなんて、本人はもとより親御さんも想像しませんよね?
 
また、コンタクトレンズを使っていると、眼球に触れている髪の毛1本に気がつきません。目がゴロゴロしていると自覚しているあなた!
髪の毛が触れていませんか?
「前髪が長いですよ!」と私に指摘されて怪訝な顔をする若者が殆どです。
自分のスタイルを否定されたと思うのでしょうか。
 
眼は、さまざまな外的要因に左右される器官です。化粧品、睫毛エクステ、雑菌などによる感染、日光やアレルギー物質による不調、それに異物混入。
それに加えて、前髪も大きな要因だと、ご理解ください。
 
最後に眼科医からのお願いです。
我々は、眉毛から下眼瞼まで、広く観察して診断しております。
眼の周囲からも多くの情報を得て診断していますので、診察時にはどうか前髪を上げてくださいね。

HOME

ブログカレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME